いよいよ8月12日(水)〜16日(日)は、GⅠレース『オールスター競輪』!今回は、日刊スポーツ松井律記者、東京スポーツ前田睦生記者、そして元競輪選手の林雄一さんの3人で、「GⅠの注目ポイント」について、座談会を行いました!

新聞記者&元選手が語る「オールスター競輪の見どころ」

2020.08.06

いよいよ今月は待ちに待ったGⅠレース『オールスター競輪』!!

8月12日(水)〜16日(日)、名古屋競輪場で開催されます。

 

今回も日刊スポーツ 松井記者をはじめ、3人の“競輪玄人”に『オールスター競輪』の見どころについて聞いてみました!

※2020年7月13日に実施。新型コロナウイルス感染症拡大防止を十分に配慮し行いました。

 

この話を参考に、「競輪の面白さ」や「車券購入」の参考にしていただければと思います。

 

 

 

参加してくれた“競輪玄人”は、この3人!!!

 

前回に続き2回目の登場!
競輪記者歴28年

日刊スポーツ
松井律(まつい・りつ)記者

 

 

けいマルガールズと一緒にミッドナイト競輪やろっ♡」にも出演していただきました!
競輪記者歴15年

東京スポーツ
前田睦生(まえだ・むつお)記者

 

 

2020年3月に競輪選手を引退し、現在は解説者として活躍中!
『オールスター競輪』には6回出場!!

林雄一(はやし・ゆういち)さん

 

 

――『GⅠの準決勝で先行できる選手』は超一流

  

編集部:よろしくお願いします!
いよいよ、『オールスター競輪』ですね~

 

松井律記者(以下、リツ):ファン投票で出場選手が選ばれる、まさしく夢の祭典だね。

 

編集部:選手にとって、『オールスター競輪』ってどんな開催なんですか?

 

林雄一さん(以下、林):お客様やファンの投票で出場が叶うという、選手にとっては夢のよう開催ですね。

 

 

リツ:以前、とある選手に「超一流選手の基準は何だと思う?」って質問したら、「GⅠの準決勝で先行できる選手」って言ってたんだよね。

 

:そうですね。

準決勝まで上がってくると、みんな足がすくんで、なかなか先行はできなくなりますから

 

リツ:でも、村上義弘(選手)は、その基準を体現していたよね。
苦労も多かったけど、自力のままタイトル獲得!

カッコよすぎるよね。

すごく好きで、パソコンの壁紙を村上とのツーショットにしてたもん(笑)

 

 

だから、村上義弘が今年のドリームレースから外れたのはショックだったなぁ。
※ファン投票1位〜9位までの選手が出場できるレース。

時代の流れの変化と、俺も“オールドファン”になったんだなーって感じたよ。

 

 

 

前田睦生さん(以下、前田):現代競輪は、飛躍的にスピードが伸びていますね。

GⅠレースともなると、それが顕著に表れますね。

 

編集部:林さんは、“スピード”という点で注目している選手はいますか?

 

:ナショナルチームの深谷(深谷知広選手)が、“そろそろ来る”と思ってます。

他の選手とは別格のスピードを持っているし、あの身体能力と底力はすごい。

 

前田:集中しているときの深谷はコワイと感じるくらいです。

今回のオールスターは地元での開催だし、活躍してほしいですね。

 

 

リツ:深谷と同じナショナルチームの寺崎(寺崎浩平選手)は、初めてのGⅠだね。

 

寺崎がS級になって初めてのレース、小田原競輪場でのFⅠレース決勝で村上さん(村上義弘選手)を連れながら、キッチリ自分が勝つレースをできるのを見て、「時代が変わった」って感じました。

 

 

リツ:「史上初の早期卒業」「史上最速のS級昇級」「史上最速のGⅠ、GⅡ出場」「史上最速のGⅡ初勝利」…
※『サマーナイトフェスティバル』2日目、デビューから178日でのGⅡレース初勝利。

新人がビッグレースで活躍するだけでも大変なのに、「最速、最速」って、彼は“余分な重し”を背負ってる。

それに打ち勝つことができたら、本当に大スターになるんじゃないかと思うな。

 

前田:スピードの変化、ベテランの意地、新人の活躍…

GⅠ自体が変化していく様も、見所なんじゃないかと思いますね。

 

 

 

『オールスター競輪』の見どころについてのトークは、まだまだ続きます。

 

後編は『オールスター競輪』開催中に行われる『ガールズケイリンコレクション2020名古屋ステージ』編!

 

GⅠレース『オールスター競輪』は、8月12日(水)~16日(日)開催です!

 

 

 

第1回座談会 GⅡレース『ウィナーズカップ』編
前編 / 後編

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事