10月15日(木)〜18日(日)、前橋競輪場でGⅠレース『第29回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』が行われた。 優勝したのは、脇本雄太選手。同開催では2年ぶり2度目、今年は6月以来、2度目のGⅠ制覇。決勝は東京オリンピック日本代表内定の脇本選手と新田選手による、壮絶な戦いが披露された。

GⅠ『寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』 優勝は脇本雄太選手!

2020.10.19

10月15日(木)〜18日(日)、前橋競輪場でGⅠレース『第29回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』が行われた。

 

優勝したのは、脇本雄太選手

この『寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』は2年ぶり2度目の制覇。

今年のGⅠレースでは6月の『高松宮記念杯競輪』と合わせて2度目の優勝となった。

 

※白色の1番車が脇本雄太選手、黄色の5番車が新田祐大選手

 

 

決勝レースは東京オリンピックに内定している2選手が、壮絶な戦いを披露。

 

残り2周で踏み出し、レースの主導権を握った脇本選手。

新田祐大選手が猛烈なスピードで追い上げてくるも、これを振り切ってゴール。

 

新田選手が2着、脇本選手と連携した東口善朋選手が3着だった。

 

 

 

レースがいかに壮絶だったかは、この写真を見れば一目瞭然。

 

※レース直後に倒れこんだ脇本選手

 

※ひとりでは立っていられない新田選手

 

 

レース後のインタビューで脇本選手は、新田選手を意識していたことや、『KEIRINグランプリ2020』での優勝宣言も口にした。

 

 

(レース開始後は)「新田さんの動きがどこかな」と思っていました。

新田さんも車間を切って、牽制してかなり僕の動きを注意している感じだったので、「そこの勝負に負けないように」と思っていました。

(残り2周で)踏み出した時に、新田さんよりも前に出られたことがすごく自信になりました。

オッズは(新田選手より)自分の方でかなり人気になっていましたし、必死に応えるつもりで余裕はなかったです。

 

先行逃げ切りで優勝できたことは嬉しいです。

グランプリに向けて弾みをつけられたのかなと思います。

今年はグランプリで優勝するつもりです。

しっかり挑みたいです。

 

 

2着だった新田祐大選手はリベンジを誓った。

 

 

絶対勝ちたいという気持ちが強すぎて、警戒を強めすぎました。

次回の競輪祭に向けて練習してきます。

 

 

 

『寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』が終了し、今年の獲得賞金ランキングはこのように変動。(2020年10月19日現在)

 

すでに『KEIRINグランプリ2020』への出場権を獲得しているのは、GⅠレース優勝者の清水裕友選手、松浦悠士選手、脇本雄太選手。

 

 

残る6名は、次回のGⅠレース『朝日新聞社杯競輪祭』の優勝者と、獲得賞金ランキングが9位までの選手となる。

この表に掲載されている全ての選手に『KEIRINグランプリ2020』に出場できる可能性があるだろう。

 

 

運命を分ける今年最後のGⅠレース『第62回朝日新聞社杯競輪祭』は、11月18日(水)〜23日(月・祝)、小倉競輪場で開催。

 

けいりんマルシェはこの『競輪祭』に注目していく。

 

 

 

★Twitterプレゼント企画実施中★

 

 

『寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』の記念クオカードを10名様にプレゼント!

 

<応募方法>

けいりんマルシェ公式Twitterをフォロー

② この投稿をリツイート

 

<応募締切>

10月22日(木) 23:59

 

詳しくはコチラ

 

皆さまのご応募、お待ちしております!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事