「第30回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」の優勝者は平原康多選手!4年8ヶ月ぶりのGⅠ制覇を達成し「KEIRINグランプリ2021」出場権を獲得。岩室村で育った平原選手、準地元といえる弥彦競輪場での優勝を喜んだ。

「寬仁親王牌」平原康多選手が4年ぶりのGⅠ優勝!

2021.10.25

10月21日(木)〜24日(日)、弥彦競輪場でGⅠ「第30回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」が行われた。

 

平原康多選手が4年8ヶ月ぶり、通算8度目のGⅠ制覇!!

※2017年2月のGⅠ「読売新聞社杯全日本選抜競輪」以来

 

 

今回の優勝で、「KEIRINグランプリ2021」の出場権を獲得。

※2013年から9年連続、通算12回目の出場となる

 

関東地区からは、6月のGⅠ「高松宮記念杯競輪」を制した宿口陽一選手に続き、2人目のグランプリ出場内定となった。

 

 

レース後は、優勝の喜びを穏やかに、丁寧にコメント。

 

4年ぶりのGⅠ優勝を弥彦でできて、嬉しいです。

ふるえるくらいの声援をもらって、本当に力になりました。

 

14歳まで岩室村(弥彦村の隣町。現・新潟市)に住んでいたので、準地元といえる弥彦でのGⅠ優勝は、別格ですね。

 

レースは北日本と関東の2分戦のような感じで、ラインの戦いでした。

 

※レースは、関東ライン(吉田拓矢選手―平原康多選手―諸橋愛選手)と北日本ライン(新山響平選手―新田祐大選手―菅田壱道選手―大槻寛徳選手)が熾烈な争いを繰り広げた。

 

今年は落車もあり、なかなか状態を立て直せなかったので。

いろんな方にアドバイスをいただいて、良くなってきた所でした。

ここにきて、力以上のものが出たのかなと思います。

 

 

宿口(陽一)のGⅠ優勝で(高松宮記念杯競輪)、自分だけで関東を背負っていた感覚が無くなり、肩の荷がおりたのかもしれません。

 

(宿口選手とは)ずっと一緒にやってきたので、グランプリがより楽しみなレースになりそうです。

 

身体の状態を良くして、もっと良い走りができるように、頑張りたいです。

 

 

レース結果

1着 :9番車 平原康多選手

2着 :8番車 大槻寛徳選手

3着 :6番車 菅田壱道選手

4着 :2番車 山田庸平選手

5着 :7番車 野原雅也選手

6着 :5番車 吉田拓矢選手

7着 :4番車 新山響平選手

8着 :1番車 諸橋愛選手

失格:3番車 新田祐大選手

 

 

 

次回は、いよいよ今年最後のGⅠ「第63回朝日新聞社杯競輪祭」。

11月18日(木)〜23日(火・祝)、小倉競輪場で行われる。

 

 

「寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」を終えた10月25日(月)現在の獲得賞金ランキングはコチラ。

平原康多選手が3位に浮上した。

黄色は「KEIRINグランプリ2021」出場内定選手

 

 

「KEIRINグランプリ2021」出場権獲得争いのラストチャンスを掴むのは誰なのか!?

 

運命の一戦に、けいりんマルシェは引き続き注目していく。

 

    この記事が気に入ったら
    いいね! してね。

    その他のENJOY!競輪レース

      おすすめの記事