ガールズ フレッシュクイーンは、この3選手に注目せよ!

4月14日、高知競輪場で、『第1回ガールズ フレッシュクイーン』が開催される。

 

今年から新設されたこのレースは、デビュー2年未満のガールズケイリン選手(112期・114期)、また選考期間(2018年7月〜12月)における競走得点の上位者7名が出場。

 

今後“スター選手の登竜門”となるであろう一発勝負のレースだ。

 

 

出場するのは、この7名。

 

 

※写真左から

梅川風子(うめかわ・ふうこ)選手(112期)

鈴木美教(すずき・みのり)選手(112期)

佐藤水菜(さとう・みな)選手(114期)

大久保花梨(おおくぼ・かりん)選手(112期)

柳原真緒(やなぎはら・まお)選手(114期)

内村舞織(うちむら・まおり)選手(112期)

太田りゆ(おおた・りゆ)選手(112期)

 

 

けいりんマルシェは、この3選手に注目した。

 

 

まずは、昨年末の女王決定戦『オッズパーク杯 ガールズグランプリ2018』に出場した2選手。

 

 

梅川風子選手

 

 

昨年11月に行われた『ガールズグランプリ2018トライアルレース』で優勝し、大逆転でガールズグランプリ初出場を果たした梅川選手。

今年出場したレースでは、7開催中5開催で完全優勝を収め、安定感のある強さを見せつけている。

「集中できて好きです」と話す一発勝負のレースで、その力を出し切ることができるか、注目だ。

 

 

鈴木美教選手

 

 

昨年末は、地元・静岡で行われたガールズグランプリに悲願の初出場。

今年3月に出場した3開催ではすべて優勝を果たしており、来たる『ガールズフレッシュクイーン』に向けて、上り調子の様子だ。

「タイトルを取ることもしっかり考えていく」と決意する2019年。更なる躍進に期待したい。

 

 

もう1名は、内村舞織選手

 

 

『オッズパーク杯 ガールズグランプリ2018』を制した児玉碧衣選手の“妹弟子”として、普段から練習を共にする内村選手。

3月に行われた児玉選手の優勝報告会では、練習量も人一倍多く努力家であること、そして「今いちばん強い若手」と太鼓判を押されていた。

「碧衣さんからたくさんの刺激をもらっています。これからもっと強くなれるよう努力していきます」と、先輩の背中を追い奮励する内村選手からも、目が離せない。

 

 

このレースを制し、次世代のガールズケイリンを担う“顔”となるのは果たして誰か!?

けいりんマルシェではレースの結果にも注目していく。

Prsenr Get! Point Get!

コンテンツを楽しむだけでポイントが貯まる けいマルクラブ

コラムを読んだり、クイズに答えるだけで「けいマルポイント」が貯まります。
貯まったポイント数に応じて賞品に応募可能!

まずは会員登録で
1000ptをゲット!

けいマルクラブの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
ウィナーズカップ(GⅡ)リポート
ウィナーズカップ(GⅡ)リポート
Next
海外トップ選手たちがガールズケイリンを盛り上げる!
海外トップ選手たちがガールズケイリンを盛り上げる!

楽しむ

見る