競輪の楽しさが見つかるけいりんマルシェ。楽しい情報、新しい発見は、毎日をわくわくさせる。競輪であなたをちょっぴりHAPPYにしたい・・・そんな『けいりんマルシェ』です。

デイリースポーツ「KEIRIN屋」低迷期に終止符!!今年こそ行くぞ!!広島勢!!

2019.10.31

※この記事は、2019年10月29日付けのデイリースポーツ「KEIRIN屋」に掲載されたものです

 

 

低迷期に終止符!!今年こそ行くぞ!!広島勢!!

今回のKEIRIN屋は初めてのグランプリ出場を目指す松浦悠士(28)=98期・S1=と吉岡詩織(25)=116期・L1=をピックアップ。

かつては特別競輪(現在のGⅠ、GⅡ)で優勝戦線を盛り上げた広島勢も、1990年ごろからは低迷。

だが、今年に入って男女2人がグランプリ出場圏内に顔を出してきた。

現在の広島支部をリードする2人が、年末へ向けての意気込みを大いに語った。

(取材、構成・森田新吾)

 

 

地力&勢い本物!!自力で決める 松浦悠士

賞金ランク9位

スマートかつクレバーな走りで、ファンだけでなく選手間でも人気が高い松浦。

日本競輪学校(現:日本競輪選手養成所)98期生で10年7月にデビュー。

13年7月にS級2班に初めて昇格したが、思うように走ることができず、1着なしで14年1月にA級1班に降格。

それでも腐ることなく、競輪を追求していった。

「意識を変えていきましたね。乗り込みもしますけど、効率よくレースで生かせる練習を心がけました」。

1年間、A級1班でじっくり鍛え直し、15年1月にS級2班に再昇格すると、メキメキと力をつけていく。

 

16年1月、S級1班に昇格。

ここから進撃が始まった。

3月に日本選手権(名古屋)でGⅠ初出場すると、その後は現在まですべてのGⅠに出場とトップレーサーとして活躍している。

 

 

転機は17年12月に開催された地元の広島記念(GⅢ)。

「準決で落車したんですよね。でも、手応えはあったんです」。

S級トップクラスのレーサーと互角に渡り合える感触を得た。

そして18年7月のGⅡ・サマーナイトフェスティバル(松戸)でビッグレース初の決勝進出。

「その決勝戦も3着。これは自信になりましたね」。

勢いづいた松浦は、同12月の広島記念でGⅢ初優勝を飾った。

 

今年は序盤から快調に飛ばしている。

2月の全日本選抜(別府)でGⅠ初の決勝進出。

3月のGⅡ・ウィナーズカップ(大垣)、5月のGⅠ・日本選手権(松戸)、7月のGⅡ・サマーナイトフェスティバル(別府)でも決勝に進出し、獲得賞金ランクは9位につけている。

 

 

「グランプリ出場は夢じゃなく、現実のモノに近づいたと思うんです。僕は脚力がないので、どうやってうまく走るのかって、いつも考えています」。

常に競輪と向き合っている松浦。

今年のラストGⅠ・競輪祭(11月19~24日・小倉)に向けては「とにかく(グランプリ出場は)自分で決めたい。決勝の確定板に載ります」と気迫みなぎる目で語る。

最後に「やるべきことはやれています」とキッパリ。

 

12月30日、立川11Rで雄姿を披露する松浦が、今から目に浮かぶ。

 

 

バンク練習中にひと休みの松浦悠士

 

松浦悠士(まつうら・ゆうじ)
1990年11月21日生まれ、28歳。広島市出身。市立広島工高卒。
168cm、73kg。
日本競輪学校(現:日本競輪選手養成所)98期生として、2010年7月に熊本でデビュー。18年の広島記念でGⅢ初優勝を飾った。
今年の獲得賞金額は6211万3000円、通算は2億2435万3011円(10月28日現在)。

 

 

◆ 男子賞金ランクベスト15

1 脇本 雄太 1億259万2000円
2 中川誠一郎 9407万2000円
3 佐藤慎太郎 8305万7400円
4 村上 博幸 7610万8400円
5 清水 裕友 7324万3000円
6 新田 祐大 6632万0000円
7 郡司 浩平 6595万9200円
8 平原 康多 6555万5600円
9 松浦 悠士 6211万3000円
10 諸橋  愛 4510万9700円
11 太田 竜馬 4490万1200円
12 古性 優作 4323万8600円
13 渡辺 雄太 4265万7700円
14 菅田 壱道 4223万9000円
15 浅井 康太 4026万6400円

※10月27日現在。白抜き数字はGⅠ覇者

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のスペシャル

おすすめの記事