9月18日(金)〜21日(月・祝)は、GⅡレース『第36回共同通信社杯』! 2014年以来6年ぶりに、伊東温泉競輪場で行われる。今回は30歳の同級生3選手、郡司浩平選手・原田研太朗選手・古性優作選手に注目しました!

GⅡ『共同通信社杯』はこの3選手に注目せよ!

2020.09.04

9月18日(金)〜21日(月・祝)は、GⅡレース『第36回共同通信社杯』!

2014年以来6年ぶりに、伊東温泉競輪場で行われる。

 

KEIRINグランプリ2020』に向けた賞金争いも終盤に突入してくる。

優勝賞金2,170万円(副賞込み)の獲得が、グランプリ出場権を手繰り寄せるために重要となる。

 

※『KEIRINグランプリ2020』の出場条件

・GⅠレースの優勝選手

・東京オリンピック自転車競技トラック個人種目メダル獲得選手

・選手選考委員会が特に認めた選手

・選考期間における、選考用賞金獲得額の上位選手から順次選抜

 

 

 

けいりんマルシェは今回、ビッグレースの前線で戦う、“30歳の同級生”3選手に注目。

 

 

昨年に続き連覇なるか!?

郡司浩平選手(99期)

 

 

昨年の『共同通信社杯』優勝者

 

今年は自身初のS級S班入り。

2月のGⅠレース『読売新聞社杯全日本選抜競輪』、7月のGⅡレース『サマーナイトフェスティバル』では決勝進出。

GⅢレースでは、3月の『瀬戸の王子杯争奪戦』(玉野競輪場)、6月の『水戸黄門賞』(取手競輪場)で優勝と、S班たる存在感を示している。

 

今年の獲得賞金額は、現在約3,600万円でランキング7位。(2020年9月4日現在)

今回優勝すると、2年連続の『KEIRINグランプリ』出場がハッキリと見えてくることは間違いない。

 

南関東地区のエースとして連覇を目指す。

 

 

 

四国の中堅代表!

原田研太朗選手(98期)
※2020年9月16日で30歳

 

 

今年は3月のGⅡレース『ウィナーズカップ』と、前回8月のGⅠレース『オールスター競輪』で決勝進出。

 

『オールスター競輪』準決勝では1着で決勝進出。
決勝レースで見せた気迫の先行は、記憶に新しい。

優勝した松浦悠士選手がレース後のインタビューで「中四国からグランプリに出る選手を増やしたい」と語っていた。

 

現在、賞金ランキングは13位。(2020年9月4日現在)

今開催でのランキングアップを期待したい。

 

 

 

脇本選手との連携で初優勝を狙う

古性優作選手(100期)
※2021年2月22日で30歳

 

 

前回のGⅠレース『オールスター競輪』では、決勝3着。

 

“競輪界最強”と呼ばれる脇本雄太選手と同じ近畿地区で、準決勝・決勝と連携。

準決勝では、バンクレコードタイ記録を出した脇本選手の快速につききって、決勝進出を果たしている。

※各競輪場の、最高上がりタイム(最終周回のバックストレッチラインからゴールラインまでの半周のタイム)のこと。

今回も、脇本選手との連携は必至だろう。

 

現在、賞金ランキング8位に位置する古性選手。(2020年9月4日現在)

初のビッグレース制覇を果たし、『KEIRINグランプリ』初出場に繋げたい。

 

 

 

優勝するのは果たして誰か!?

 

9月18日(金)〜21日(月・祝)は『第36回共同通信社杯』を楽しもう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事