『ヤンググランプリ2019』は、113期の4選手に注目せよ!

2019.12.19

#選手 #レース #イケメン

2019年も残すところあとわずか。
年末には毎年恒例、1年の締めくくりにふさわしい競輪界のビッグイベントが目白押し。

 

12月28日(土)〜30日(月)の3日間、立川競輪場で“3つのグランプリ”が行われる。

 

2日目の29日は、『ヤンググランプリ2019』

 

デビューから3年以内の、選ばれし若手9選手による頂上決戦だ。

 

<ヤンググランプリ2019の選考基準>
111期生(2017年デビュー)、113期生(2018年デビュー)、及び115期生(2019年デビュー)から、S級在籍者のうち、2019年1月〜9月までの期間(115期生は2019年7月〜9月の期間)における、平均競走得点の上位者から順次選抜。
9人に達しない場合は、開催時A級在籍者のうち、選考期間における平均競走得点の上位者から順次選抜。

 

 

今年のヤンググランプリは、111期から3選手、113期から6選手が出場する。

 

けいりんマルシェは、113期の4選手に注目した。

 

 

松井宏佑選手

 

 

自転車競技の日本代表でもある松井選手。

2019年、国際大会初出場となった『モスクワグランプリ2019』の「男子ケイリン」種目でいきなりの金メダル、『2019-2020 UCIトラックワールドカップ第1戦』では銅メダルを獲得し、「男子ケイリン」の強豪選手として世界へ名を上げた。

競輪の舞台でも、GⅠレース『競輪祭』で5戦3勝、12月に別府競輪場で行われたグレードレースではGⅢレース優勝を果たすなど、その実力を見せつけている。

年末の決戦でも、松井選手自慢のスピードに注目だ。

 

 

宮本隼輔選手

 

 

2019年1月に特別昇級でS級2班へ。
精鋭が多いとされる113期のなか、7月に大垣競輪場で行われた GⅢレースを“同期1番のり”で制した期待のホープだ。

『KEIRINグランプリ2019』に出場する清水裕友選手とは、同級生で幼馴染。
共に切磋琢磨し山口県を代表する若手選手の1人となった宮本選手が、熱い走りを見せてくれるはず。

 

 

森田優弥選手

 

 

宮本選手同様、2019年1月に特別昇級でS級2班へ。
4月のGⅢレースで決勝進出、FⅠレースでは3度優勝を果たすなど、その実力を示した森田選手。

『ヤンググランプリ2019』が初めてのビッグレース。
直近のFⅠレースでも優勝を果たし、勢いそのままに大舞台に臨む。

 

 

河合佑弥選手

 

 

先日行われたけいマルガールズ決定発表会に、花束を持って駆けつけてくれた河合佑弥選手にも注目したい。

 

 

改めて、出場9選手を車番とともにご紹介。

 

1番車 南潤選手(111期 / 和歌山県)

 

南潤(みなみ・じゅん)選手

 

 

2番車 野口裕史選手(111期 / 千葉県)

 

野口裕史(のぐち・ひろし)選手

 

 

3番車 松本貴治選手(111期 / 愛媛県)

 

松本貴治(まつもと・たかはる)選手

 

 

4番車 藤根俊貴選手(113期 / 岩手県)

 

藤根俊貴(ふじね・としき)選手

 

 

5番車 森田優弥選手(113期 / 埼玉県)

 

森田優弥(もりた・ゆうや)選手

 

 

6番車 上田尭弥選手(113期 / 熊本県)

 

上田尭弥(うえだ・たかや)選手

 

 

7番車 宮本隼輔選手(113期 / 山口県)

 

宮本隼輔(みやもと・しゅんすけ)選手

 

 

8番車 河合佑弥選手(113期 / 東京都)

 

 

 

9番車 松井宏佑選手(113期 / 神奈川県)

 

松井宏佑(まつい・こうゆう)選手

 

 

 

2019年、若手王者に輝く選手は果たして誰か?!
12月29日(日) 16:30 発走予定

 

けいりんマルシェは注目していく。

 

Prsenr Get! Point Get!

コンテンツを楽しむだけでポイントが貯まる けいマルクラブ

コラムを読んだり、クイズに答えるだけで「けいマルポイント」が貯まります。
貯まったポイント数に応じて賞品に応募可能!

まずは会員登録で
1000ptをゲット!

けいマルクラブの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
『オッズパーク杯ガールズグランプリ2019』は、同門対決に注目せよ!
『オッズパーク杯ガールズグランプリ2019』は、同門対決に注目せよ!
Next
『KEIRINグランプリ2019』は、この3選手に注目せよ!
『KEIRINグランプリ2019』は、この3選手に注目せよ!