東京マキビスポーツ 12月号

2019.12.17

#メディア #ガールズ #選手

※この記事は2019年12月11日付けの東京スポーツ新聞(中京スポーツ、大阪スポーツ、九州スポーツ)に掲載された、高木真備選手の連載コラム「東京マキビスポーツ」です。

 

高木真備選手の東スポ連載コラム「苦しい時期を過ごしたからこそ取り戻せたモノ」

 

 

東スポ、中京スポ、大スポ、九スポ読者のみなさま、いつも応援ありがとうございます!

ガールズケイリンの高木真備です。

最近は寒い日が多くなってきて、朝起きるのがつらいです…(笑)。

でも寒さに負けずに頑張ります!!!

 

 

GGP出場ならずも…悔いはありません!!

先月、小倉競輪場で行われた競輪祭でのガールズグランプリトライアルではたくさんの応援ありがとうございました!

優勝できなくて、結果GGP出場も今年はできませんでした。

悔しい気持ちももちろんすごくありましたが、でもそれ以上に力を出し切れたので悔いはないなと思えました。

 

強いメンバーの中で走れて、そして自分の課題も分かったので、この経験は来年につなげられるんじゃないかなと思っています。

 

今年は体調を崩してしまったり、落車が続いたりして苦しい時期もありました。でも逆に、後半は吹っ切れてレースを楽しむことを思い出せた一年にもなりました。

「勝たなきゃいけない!」とばっかり思って、正直もうレースが嫌になっていたのが、早く勝てるようになりたくて強い相手に挑戦することが楽しかったデビュー当時の気持ちを思い出せました!!!

 

来年はこのチャレンジャーの気持ちでどんどん強い相手に挑戦していきたいと思います!

 

2020年の初戦は久しぶりにお正月開催が入りました。

1月1日初日の取手競輪です!!!

 

最高のスタートが切れるように頑張ります。

そのためにまずは、12月の岐阜と松阪がまだ残ってるのでしっかり走ってきたいと思います。

またこれからも応援よろしくお願いします!

 

 

それでは一つ楽しかった話をさせてください♡(笑)。

先日、同期の青木美優とディズニーシーへ行ってきました。

ディズニーに行くのは、すーーーーーーごく久しぶりで!!!

2人ではしゃいできました(笑)。

 

ディズニーシーのモニュメントの前で青木美優(左下)と記念撮影しました

 

ただ、脚が重くて重くて…。

昔は一日中歩き回って、しかもたまに走ったりしながら…

乗り物に乗りまくってたのに、今回は何度も何度もベンチに座りました(苦笑)。

 

でもそのおかげで周りの風景とか建物とかをよく見ることができて、たくさん写真を撮ったりしながら雰囲気を楽しむことができました。

こんな楽しみ方をしたディズニーは初めてだったので新鮮でした。

また楽しい息抜きができるように、頑張ります!!!

 

2019年も東京マキビスポーツ、ご愛読いただき、ありがとうございました!

 

2020年もまだまだ頑張るのでよろしくお願いします!!!

 

 

 

◆ 高木真備選手を紹介した記事はコチラ!

・インタビュー:もっと知りたい♡麗しのガールズ
・東京マキビスポーツ:5月号6月号7月号8月号9月号10月号11月号
・紺野ぶるまのケイリンぶるぶる:対談編車券購入編
クイズ

 

 

 


高木真備(たかぎ・まきび)

1994年8月17日、岡山県生まれ。161.1cm、63.5kg。東京所属の106期生。
名前の由来=奈良時代の政治家で遣唐使に任命された吉備真備。
必殺技=マキマキマキビーム。
Twitter

Prsenr Get! Point Get!

コンテンツを楽しむだけでポイントが貯まる けいマルクラブ

コラムを読んだり、クイズに答えるだけで「けいマルポイント」が貯まります。
貯まったポイント数に応じて賞品に応募可能!

まずは会員登録で
1000ptをゲット!

けいマルクラブの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
KEIRIN報知 11月号
KEIRIN報知 11月号
Next
KEIRIN報知 ふたり分の夢駆けて 東京パラ五輪へ奮闘中
KEIRIN報知 ふたり分の夢駆けて 東京パラ五輪へ奮闘中