GⅠレース『競輪祭』結果リポート

2019.11.25

#レース #リポート

GⅠレース『第61回朝日新聞社杯競輪祭』が11月19日(火)〜24日(日)、小倉競輪場で行われた。

 

優勝したのは、松浦悠士選手

 

今年2月の『第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪』ではじめてGⅠレース決勝の舞台に上がり、年内最後のGⅠレースを制覇。

この1年で大飛躍した松浦選手が、年末の大一番『KEIRINグランプリ2019』への出場権を見事“タイトル獲得”という形で手にした。

 

 

 

 

レース後、「(ラインを組んだ)清水くん(清水裕友選手)とワンツーを決めることができて良かったです。本当にいろんな人の支えがあって獲れたので、感謝しています。
グランプリは、“賞金”じゃなくて“タイトル”で出られることが嬉しいです。グランプリでも清水くんとワンツーで優勝したいです。精一杯頑張ります」とコメント。

 

 

 

このレースを終え、12月30日に立川競輪場で行われる『KEIRINグランプリ2019』出場予定選手が9名が決定。

 

 

中川誠一郎選手

期別・府県:85期・熊本県
第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪』『第70回高松宮記念杯競輪』優勝
KEIRINグランプリ出場2回目(2016年以来3年ぶり)

 

 

 

 

脇本雄太選手

期別・府県:94期・福井県
第73回日本選手権競輪』優勝
KEIRINグランプリ出場2回目(2018年〜2年連続)

 

 

 

 

新田祐大選手

期別・府県:90期・福島県
第62回オールスター競輪』優勝
KEIRINグランプリ出場6回目(2013年、2015年〜5年連続)

 

 

 

 

村上博幸選手

期別・府県:86期・京都府
第28回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』優勝
KEIRINグランプリ出場4回目(2010年、2014年、2018年〜2年連続)

 

 

 

 

【初出場】松浦悠士選手

期別・府県:98期・広島県
『第61回朝日新聞社杯競輪祭』優勝

 

 

 

 

清水裕友選手

期別・府県:105期・山口県
選考用賞金獲得額3位
KEIRINグランプリ出場2回目(2018年〜2年連続)

 

 

 

 

佐藤慎太郎選手

期別・府県:78期・福島県
選考用賞金獲得額5位
KEIRINグランプリ出場5回目(2003年〜2006年以来13年ぶり)

 

 

 

 

平原康多選手

期別・府県:87期・埼玉県
選考用賞金獲得額7位
KEIRINグランプリ出場10回目(2008年〜2010年、2013年〜7年連続)

 

 

 

 

【初出場】郡司浩平選手

期別・府県:99期・神奈川県
選考用賞金獲得額8位

 

 

 

 

 

けいりんマルシェは、2019年の王座決定戦『KEIRINグランプリ2019』に注目していく。

 

Prsenr Get! Point Get!

コンテンツを楽しむだけでポイントが貯まる けいマルクラブ

コラムを読んだり、クイズに答えるだけで「けいマルポイント」が貯まります。
貯まったポイント数に応じて賞品に応募可能!

まずは会員登録で
1000ptをゲット!

けいマルクラブの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
『ガールズグランプリ2019トライアルレース』結果リポート
『ガールズグランプリ2019トライアルレース』結果リポート
Next
けいマルガールズ候補生 太田理恵が競輪祭(GⅠ)の舞台裏に潜入!
けいマルガールズ候補生 太田理恵が競輪祭(GⅠ)の舞台裏に潜入!