119期の同期対決「競輪ルーキーシリーズ2021プラス」が開催!9月26日(日)青森競輪場の第6レース、10月3日(日)平塚競輪場の第6レースで開催される。犬伏湧也選手と新村穣選手に注目しました!

「競輪ルーキーシリーズ2021プラス」はこの2選手に注目!

2021.09.20

今年デビューした新人119期が、「競輪ルーキーシリーズ2021プラス」で再戦!

 

5月〜6月、全4戦で行われた「競輪ルーキーシリーズ2021」。

※レース結果:第1戦(静岡)、第2戦(名古屋)、第3戦(大宮)、第4戦(和歌山)

 

決勝戦に出場した選手を中心に14名が選出され、7車立ての2レースが行われる。

 

 

✅9月26日(日) 青森競輪場 第6レース

※「青森競輪場開設71周年記念 みちのく記念 善知鳥杯争奪戦(GⅢ)」最終日

 

✅10月3日(日) 平塚競輪場 第6レース

※「平塚競輪場開設71周年記念 湘南ダービー(GⅢ)」最終日

 

 

 

それぞれ、この7選手が出場。

A級2班に特別昇班した選手が3名ずつあっせんされた。

※デビュー時はA級3班に在籍。3開催連続で「完全優勝」(通常1開催3レースなので、9連勝)すると、ただちにA級2班に昇班できる制度。

 

 

9月26日(日) 青森開催

※9月16日(木)現在の級班ごとに、それぞれ競走得点順に記載

 

 

<A級2班>

犬伏湧也(いぬぶし・ゆうや)選手
徳島県 / 26歳

木村佑来(きむら・ゆらい)選手
宮城県 / 19歳

上杉嘉槻(うえすぎ・よしき)選手
福井県 / 23歳

 

<A級3班>

石塚慶一郎(いしづか・けいいちろう)選手
和歌山県 / 19歳

平山優太(ひらやま・ゆうた)選手
福島県 / 21歳

北川大成(きたがわ・たいせい)選手
熊本県 / 20歳

谷口力也(たにぐち・りきや)選手
熊本県 / 24歳

 

 

 

10月3日(日) 平塚開催

※9月16日(木)現在の級班ごとに、それぞれ競走得点順に記載

 

 

<A級2班>

新村穣(しんむら・みのり)選手
神奈川県 / 27歳

山根将太(やまね・しょうた)選手
岡山県 / 24歳

志田龍星(しだ・りゅうせい)選手
岐阜県 / 23歳

 

<A級3班>

金田涼馬(かねだ・りょうま)選手
神奈川県 / 23歳

桑名僚也(くわな・りょうや)選手
埼玉県 / 24歳

田川翔琉(たがわ・かける)選手
熊本県 / 23歳

大槇大介(おおまき・だいすけ)選手
岡山県 / 25歳

 

 

 

青森開催は、犬伏湧也選手に注目!

 

 

「競輪ルーキーシリーズ2021」では、出場した3戦(第1戦第2戦第4戦)全てで完全優勝!

 

本格デビュー後も、ぶっち切りのスピードで難なく9連勝し特別昇班。

初出場のA級戦は決勝で惜しくも2着だったが、その後の防府開催では完全優勝。

S級2班への特別昇級に、最も近い119期と言えるだろう。

 

一枚上の強さを見せて、優勝となるか!?

 

 

 

平塚開催は、新村穣選手に注目!

 

 

トラック中距離種目のナショナルチームに所属し、競輪デビューに注目が集まった新村選手。

 

「競輪ルーキーシリーズ2021」は第1戦第3戦に出場し、第3戦のみ決勝進出。

 

本格デビュー後は、勝負強さを見せて9連勝。

119期1番乗りでA級2班に特別昇班!

昇班直後の京都向日町開催でも優勝を果たした。

 

今回のシリーズの最年長選手。

地元・神奈川で、「競輪ルーキーシリーズ2021」の雪辱を果たせるか!?

 

 

 

6月末の本格デビューから約3ヶ月。

119期トップクラスの14名が、実戦を経て挑む「競輪ルーキーシリーズ2021プラス」。

 

アツい戦いになること間違いなし!

両レース、お見逃しなく。

 

 

 

✅9月26日(日) 青森競輪場 第6レース

※「青森競輪場開設71周年記念 みちのく記念 善知鳥杯争奪戦(GⅢ)」最終日

 

✅10月3日(日) 平塚競輪場 第6レース

※「平塚競輪場開設71周年記念 湘南ダービー(GⅢ)」最終日

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事