競輪の楽しさが⾒つかるけいりんマルシェ。楽しい情報、新しい発⾒は、毎⽇をわくわくさせる。競輪であなたをちょっぴりHAPPYにしたい・・・そんな『けいりんマルシェ』です。

トライアルレース グループBはナショナルチームの2選手に注目!

2020.11.14

今年の女王決定戦!ガールズグランプリ2020』の出場権を掴むのは!?

 

11月18日(水)〜20日(金)の3日間
小倉競輪場で行われるガールズグランプリ2020トライアルレース

 

28名のガールズ選手が「グループA」と「グループB」に分かれて対決。

各グループの優勝者が、『ガールズグランプリ2020』の出場権を獲得することができる。

 

この戦いが終わるとガールズグランプリ出場7選手が決定する、正真正銘の“ラストバトル”だ。

 

 

 

「グループB」には、自転車競技のナショナルチームに所属する全5選手が集結。

 

<トラック短距離種目>
小林優香選手・太田りゆ選手・梅川風子選手・佐藤水菜選手

<トラック中距離種目>
鈴木奈央選手

 

ナショナルチーム内のしのぎ合いはもちろん、石井寛子選手や高木真備選手らガールズケイリン界の強豪選手たちにより、激しい戦いが繰り広げられることは間違いない。

 

 

「グループB」からは、この2選手に注目した。

 

2年連続のトライアル制覇で出場となるか!?

小林優香選手

106期 / 福岡県 / 26歳

 

 

東京オリンピックの日本代表内定選手。

自転車競技を中心としているため、競輪への出走回数が少ない小林選手。

『ガールズグランプリ2020』に出場するためにはここで優勝するしかない状況だ。

 

昨年も『ガールズグランプリ2019トライアルレース』を制し、『ガールズグランプリ2019』の出場権を獲得。

 

 

小林選手から、最終決戦への想いを聞くことができた。

 

ナショナルチームが全員「グループB」にいるので、「負けたくない」という気持ちと、地元・福岡での開催で「負けられない」という気持ちもあり力が入ります。

去年のトライアルに参戦した時から、1年間頑張って賞金を上積みしてきた他のガールズ選手に対して申し訳ない気持ちもあったのですが、やっぱり私にはこれしか(ガールズグランプリ出場権を獲得する)チャンスが無いので。

そこはシビアに、気を張っていきたいです。

覚悟を持って、しっかりグランプリへの切符を勝ち取りたいです。

 

優勝して2年連続・自身4度目のガールズグランプリ出場となるか。

 

 

初のグランプリ出場を決められるか!?

太田りゆ選手

112期 / 埼玉県 / 26歳

 

 

小林優香選手と共にナショナルチームで戦ってきた太田選手。

東京オリンピックはリザーブ(補欠)となった。

 

2024年のパリオリンピックを目指します!

 

新たな目標を胸に日々トレーニングに励んでいる。

 

そんな太田選手が、ずっと「出場したい!」と口にしているレースが、ガールズグランプリ。

11月6日に行われた『全日本自転車競技選手権大会・女子スプリント』では、準決勝で小林優香選手、決勝では梅川風子選手を破って優勝。

 

自信を持って挑むトライアルレースへの意気込み語ってくれた。

 

初めてガールズグランプリに出られるチャンスが、いま目の前にあって、

さらに調子もいいので、このまま優勝できるように頑張りたいです!

 

ラストチャンスを掴み、初のガールズグランプリ出場となるか!?

 

 

 

「グループB」を制し、グランプリ出場権を獲得するのは誰なのか!?

 

11月18日(水)〜20日(金)

ガールズグランプリ2020トライアルレース

小倉競輪場で開催!!

 

 

 

 

◆7名の競輪玄人と太田理恵さんに聞きました!

「ガールズグランプリトライアルレース」グループAで優勝してほしい選手

「ガールズグランプリトライアルレース」グループBで優勝してほしい選手

 

◆ けいりんマルシェ編集部の注目はコチラ

トライアルレース グループAは若手2選手に注目!

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事