9月17日(金)〜20日(月・祝)はGⅡ「第37回共同通信社杯」が岐阜競輪場で開催。今年のS級S班9選手が、KEIRINグランプリ2020以来の全員出場。優勝候補筆頭は脇本雄太選手。無双状態の脇本選手に、他地区の選手たちがどう対抗していくのか?「若手の登竜門」と呼ばれる共同通信社杯では、将来有望な若手選手が揃う関東地区に注目した。

GⅡ「共同通信社杯」 無双・脇本雄太の優勝か!?

2021.09.09

9月17日(金)〜20日(月・祝)は、岐阜競輪場でGⅡ「第37回共同通信社杯」!

 

※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため無観客開催
詳しくはホームページをご覧ください

 

 

 

今年のS級S班9選手が、「KEIRINグランプリ2020」以来の全員出場予定!

 

東京オリンピックを終えた新田祐大選手と脇本雄太選手。

オールスター競輪を欠場した郡司浩平選手が復帰し、S級S班フルメンバーが今年初めて勢揃いする予定だ。

 

 

この共同通信社杯は今年最後のGⅡ開催。

残すGⅠ開催は2つ。

KEIRINグランプリ2021」出場権獲得に向けて、この開催で優勝し「賞金を積み上げること」が最重要となる。

※「KEIRINグランプリ2021」選考基準は、2021年1月〜11月(競輪祭最終日)の【GⅠ優勝者・選考委が特に認めた選手・選考用賞金獲得額上位者】。

 

 

 

優勝候補の筆頭は間違いない!

脇本雄太選手

 

 

言わずと知れた現在の競輪界最強選手!

 

自転車競技の日本代表として東京オリンピックに出場。

中ゼロ日のGⅠ「オールスター競輪」で競輪に復帰し、いきなりの準優勝。

圧巻の先行で、ラインを組んだ古性優作選手とワンツーを決めた。

 

前走のGⅢ「平安賞」(京都向日町)では、4日間全て1着で完全優勝!

 

他を引き離す“無双状態”の先行で、タイトル奪取となるか!?

 

 

そんな脇本選手を他地区の選手たちがどう食い止めるのか!?

 

「若手の登竜門」と言われるこの開催。

今回は「関東地区の若手選手」に注目した。

 

 

将来有望な若手が豊富の関東

 

6月の「高松宮記念杯競輪」で宿口陽一選手が優勝!

これは関東地区にとって、平原康多選手が優勝した2018年「共同通信社杯」以来、3年ぶりのタイトルとなった。

 

このタイトルが関東の若手選手に火をつけた!?

 

写真左から、森田優弥選手、黒沢征治選手、宿口選手、坂井洋選手

 

 

眞杉匠(ますぎ・たくみ)選手

113期・栃木県

 

 

5月の「日本選手権競輪」で初めてGⅠ決勝に進出!

オールスター競輪」でも連日果敢に先行し、印象に残ったファンも多いはず。

大舞台での経験を積み成長した今年。

力強い走りを見せてくれることに期待したい。

 

 

ヤンググランプリ2020」の出場選手が4名在籍していることも忘れてはいけない。

森田優弥選手、黒沢征治選手、小林泰正選手、坂井洋選手と、勢いのある若手が豊富だ。

 

 

 

次世代を担うであろう選手たちの活躍に注目しよう。

 

 

 

GⅡ「第37回共同通信社杯」を制して、「KEIRINグランプリ2021」出場権獲得に向けて1歩前に出るのは誰なのか!?

 

 

開催日程:9月17日(金)〜20日(月・祝)

開催場:岐阜競輪場

決勝レース:9月20日(月・祝) 第11レース16:30発走予定

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事